順天堂医院での無痛分娩出産レポ①~出産予定日になって~

ひとりごと

こんにちは、ヨメです。

不妊治療の末、第一子を授かることができました。

【まとめ】結婚3年目共働きアラサー主婦の不妊治療体験記
私の不妊治療の体験談記事をまとめました。ヨメのプロフィール アラサー 結婚3年目 勤続6年目の会社員 夫も会社員、共働き不妊治療開始、検査での出来事子宮内膜と卵管にポリープが見つかりました。日帰りの子宮鏡手術にて切除。人工授精スター

初めての出産の詳細をレポートしていきます。

記事の中で「痛みレベル」という表現がでてきますが、
1が最小、10が最大で痛みを表現しています。

スポンサーリンク

出産日前々日

f:id:comachi00:20181104140630j:plain

出産日前々日のお腹(39w6d)

この日は祝日で、夫と焼肉を食べに行く予定でした。
「肉を食べると陣痛が起きる」という陣痛ジンクスがありますが、
それにあやかるとかではなく単に焼肉が好きなのですwww

しかし、出発前にトイレに行くと、茶色いおりものがでているのを発見。

もしかしておしるし??

怖くなったので焼肉は中止にして、自宅で安静にしていることに。
念のため、夫とふたりで入院の荷物の点検と、陣痛時の動きを再確認しておきました。

暇なのでAmazonPrimeのおっさんずラブの視聴を開始(笑)

スポンサーリンク

出産日前日

この日は出産予定日でした。
平日なので夫は出勤。
予定日だし、茶色いおりものは昨日から継続してでていて、少し不安。。
引き続きおっさんずラブをみながらまったり自宅で過ごしました。

夕方になると、夫が体調不良で早退するとの連絡が。
夫は病院に寄ってからいつもより早めに帰宅しました。

出産時は立ち会いを希望していたのですが、
体調悪いと立ち会いできなかったりしますからね。
早く治してもらわないとということで、夫は早めに就寝。

21:00 お腹が痛くなり始める

軽い生理痛のような痛みが始まり、そわそわしだす。痛みレベル1。
テレビをみるも、全く頭に入らず。

痛みが軽いうちに寝ておこう・・・と思いつつ布団に入るも、寝付けず。

陣痛アプリで測ってみることにしつつ、仮眠。

 

23:00 痛みが10~15分感覚に

f:id:comachi00:20181104141031j:plain

陣痛アプリで測ってみると、規則的になっていることに気づき、焦る。
痛みが少し強くなり、間隔は10~15分。痛みレベル2。
迫りくる出産の恐怖に一人で耐える。
(夫は体調不良で早寝したため、入院が確定してから起こそうと思った)

スポンサーリンク

出産当日

0:00 痛みが10分間隔に 産院に電話①

f:id:comachi00:20181104141103j:plain

 

生理2日目くらいの痛みになる。10分間隔。痛みレベル4。
トイレに行くと、少量の出血が。
意を決して産院に電話するも、「まだ様子見て」と断られる 泣

1:00 痛みが8~10分間隔に 産院に電話②

痛み強くなる。8~10分間隔。痛みレベル5。
生理一日目くらいの出血を確認。夜用ナプキンを装着。
いよいよ陣痛を確信し、産院に再度電話する。

入院を確定させたいため、少々盛り気味に状況説明することに。
これ以上我慢したら痛みで動けなくなる気がしたので。。

8分間隔で、痛みはもう我慢できないくらいです。。

診察したいので、入院準備して来てください

(心の中でガッツポーズ)

 

夫を叩き起こして、着替えして入院の荷物をまとめる。
(前日に最終確認しておいたため、スムーズに準備することができた。)
陣痛タクシーに電話するも、繋がらず。
せっかく登録したのに(´;ω;`)
結局、大通りまで歩いてタクシーを拾って病院へ向かいました。

 

長くなったので次に続きます。

タイトルとURLをコピーしました