使用歴3年の私が考えるネットスーパーのメリット・デメリット

暮らしの工夫

こんにちは、ヨメです。

毎日の買い物ってめんどうですよね。

一度ネットスーパーを使ったら、実店舗での買い物が考えられなくなりました。

それくらい、ネットスーパーでの買い物が生活の一部になっています。

大手でいうと、イトーヨーカドー、西友、イオンが展開していますよね。

ここでは、ネットスーパー使用歴3年の私が、ネットスーパーのメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

ネットスーパーを使い始めたきっかけ

ネットスーパーの存在を教えてくれたのは、会社の同僚でした。

会社の同僚は旦那さんの勤務先が都心で、ほど近い社宅に住んでいるとのこと。

都心というと、ビルばかりで買い物が不便なイメージでした。

都心住まいって、買い物はどうしてるの?

スーパーってないよね?

ネットスーパーを使っているから買い物には困らないよ。

食べ物も新鮮なの。

重くてかさばる子どものおむつ・粉ミルク、ペットシーツも届けてくれるから本当に便利だよ。

昼休みにスマホからポチポチ注文してるよ。

目から鱗でした。

程なくして私も、スーパーが近くにない土地に引っ越すことになり、ネットスーパーを使ってみることにしたのです。

それから、すっかりネットスーパーでの買い物が生活の一部に。

2019年現在、使用歴は早3年となりました。

スポンサーリンク

元々、実店舗での買い物にストレスを感じていた

スーパー、ドラッグストアなど。私は実店舗での買い物が嫌いです。

たまに散歩がてら寄るのは嫌いではないですが、毎日のこととなると家事=仕事になってしまい、ストレスを感じてしまうタイプです。

その理由を掘り下げてみました。

行くのがめんどう

元々、私は超インドア派です。

平日は仕事で疲れているので、一秒でも早く家に帰りたい。

休日は家の中でゆっくりしたい。わざわ身支度をしなければいけない。

じゃあいつ買いに行けばよいのかと。

行く前に食材ストックの在庫チェックをし、メモを作らないとなりません。

平日も休日も買い物がめんどうなのに、容赦なく食材はなくなっていきます。

買い物が疲れる

重い腰を上げて買い物にでたとしても。下記のようなストレス要素が蔓延ります。

  • 店内を歩き回って品物を探すのがめんどう
  • レジに並ぶのがめんどう
  • 買いながら献立を組み立てるのがめんどう
  • 買い忘れがないか不安
  • 不要なものまで買ってしまうのがストレス

挙句の果て、疲れてすべてが面倒になり、適当に買い物を済ませ、買い忘れがあったことに気づく。堂々巡りでした。

商品が重くて持って帰るのが大変

野菜・飲み物・粉ミルクは重いし、ティッシュ・おむつはかさばります。

両手に抱えて自宅に持って変えるのが苦痛でたまりませんでした。

広告の品に興味がない

広告な品ってたしかに安いのですが、その割引範囲ってだいたいは50~200円くらいだと思うんです。広告の品を狙って毎日スーパーに通った時期もありましたが、喜びよりも疲労の方が勝っていました。

地理も積もれば山となるとはいいますが。

毎日コツコツと安いものを溜めるよりも、欲しいものをまとめ買いするほうが私には向いていました。

スポンサーリンク

[体験談]実際に使ってみた感想

イトーヨーカドー・西友・イオンを使ったことがあります。

各ネットスーパーの比較や口コミ等の詳細は、後日まとめようと思いますが。ざっくり結果から申し上げると

  • 生鮮食品は実店舗より新鮮
  • 広告の品含め、実店舗と価格が変わらない
  • スマホでポチポチするだけで玄関先に届くなんて便利すぎ

と、なんとも至れりつくせりであることがわかりました。

スポンサーリンク

ネットスーパーを使うことのメリット

外に出なくて良い

購入品は配達員の方が玄関先まで届けてくれるので、身支度を整える必要がありません。

小さな子どもを連れての外出で、感染症を心配する必要がありません。

買い物中に人にぶつかってストレスを抱える必要がありません。

重いもの・大きいものを運ばなくて良い

野菜や飲み物、粉ミルク、重いです。

ティッュやおむつ、かざばります。

配達員の方が玄関先まで届けてくれるのでとても便利です。

自宅の在庫を見ながら発注できる

 

あの品、まだあったっけ?

この品、ストック買ってあったかしら?

 

自宅の在庫を実際に見ながらリアルタイム発注ができるので、メモを作る必要・持ち歩く必要がありません。

続いて、デメリットをみていきます。

 

スポンサーリンク

ネットスーパーを使うことのデメリット

指定時間に在宅していなければならない

ネットスーパーの購入品を受け取る際は、日時指定をします。

その時間に必ず受け入れるようにしておけなければなりません。

在宅していても、寝かしつけやシャワーの時間と重なってしまうと、少々厄介です。

カゴを保管しておかないといけない

溜まってしまったヨーカドーのカゴ

イトーヨーカドーは、買い物かごに商品を入れて届けてくれます。

すぐ返すことも可能ですが、忘れてしまったり、発注の間隔が空いてさまうと、長期間自宅で保管する必要があります。

その際は、保管スペースが必要になります。

デメリットはこれくらい

デメリットはこの2点くらいです。

これ以外は、本当に悪いところが浮かびません。それくらい我が家の生活はネットスーパーに助けられています。

 

スポンサーリンク

我が家の発注方法

ネットスーパーの発注は毎週末の我が家のルーティンです。

  1. 各々が必要なものを買い物リストに書き溜めておく(我が家はホワイトボードを活用)
  2. 毎日必要なものをリスト化しておく

この2点でピックアップされたものを、週1回、スマホからポチポチ注文しています。

注文段階で、ホワイトボードに来週の献立表を書いておき、献立をいちいち考えないようしています。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • ネットスーパーを実際に使ってみて、商品の質が高いことがわかった
  • ネットスーパーは買い物嫌いのストレスを軽減してくれる最高のツールだった
  • お住まいの地域が配達エリアに含まれているのであれば、是非一度使ってみてほしい

最後に、私が思うネットスーパーが合う人・合わない人をまとめていきます。

ネットスーパーが合ってる人

  • 忙しい人
  • インドア派の(外出が嫌いな)人
  • 買い物が嫌いな人
  • 広告の品に興味がない人
  • ズボラーな人

ネットスーパーが合わない人

  • 実店舗での買い物が好き・ストレス発散になる人
  • 外出が好きな人

ご参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました